United Finance Network-大憲SA型高周波加熱機の転換率が96%を超える

2017/3/15

経済日報

大憲光学エンタープライズカンパニーの会長である暁嘉城(左から)は、運用チームを率いて新しいマシンSA高周波加熱機を紹介しました。Chen Huakun /写真

大憲光学エンタープライズはSAタイプの高周波加熱機の開発に成功しました。これはマイクロコンピューターを通じて負荷状態を自動的に分析し、最適な加熱状態に調整できます。全体的な電気エネルギー変換効率は96%以上であり、市場モデルの約30%よりも優れています。同社は、高周波加熱機に対する一般顧客の認識は、電力消費、電気安全上の懸念、電子回路のメンテナンスなどの電気の使用を考慮に入れることが多いと述べています。この新しいマシンは、上記の問題を効果的に改善し、マイクロコンピューターを介して自動的に負荷状態を分析できます。また、分析により、同じマシンの誘導コイルが非常に長くまたは非常に小さくなり(マシンを変更する必要がありません)、従来の制限がなくなります。非常に大きなコイルは、非常に大きな物体を加熱でき、コイルを交換せずに非常に小さな物体を加熱できます。この機械は優れた電力変換効率を持っているだけでなく、非常に少量の水冷システムを必要とし、統合制御システムは生産のために1つの主要な操作のみを必要とします。省エネと省電力、誘導コイルが非常に長いか非常に短いかに関係なく、最も省エネな条件下で加熱され、操作されます。マシンの出力電力グリッドは都市電力から分離されており、電気安全と電磁両立性に関するEUのEMC指令に準拠しています。そして、鍛造業界、溶接、加熱、その他の業界向けに、100、75、50、25KWがあります。また、赤外線温度計、サーマルイメージャー、自動溶接ワイヤーなどを装備することができ、コンピューターネットワークシステムで監視できます。これは、業界で比類のない先駆者です。ハイパワーSAモデルに加えて、







大憲同社はまた、電子機器などの精密物体の溶接に適した、さまざまな周波数帯域の自作モデルとエージェントモデルを持っています。