経済日報は報告した大憲高周波溶接機はほとんどの電気アイロンと抵抗溶接機を置き換えることができます

2011/08/17

経済日報

【台北ニュース】水晶式高周波機の発明により、超低電力での使用に適するだけでなく、直径2〜1ψmm以内の熱源の誘導コイルにより加熱範囲が狭くなります。さらに、誘導ヘッドは従来の真空ボールマシンとは異なり、体積はこぶしよりもさらに小さく、オートメーションの本体や狭いスペースでの組み立てが容易です。

大憲同社と東莞Dianyou Companyが共同で導入した水晶式高周波溶接機は、従来の電気鉄トーチや抵抗溶接との違いが最も大きく、加熱工程が溶接対象物に触れないことが最大の特徴です。また、溶接ヘッドの過熱酸化や溶接補助具の汚染による溶接面の接触不良がなく、対象物に圧力をかける必要がないため、溶接部や内部材料が破損します。また、溶接部と電極の間の接触面、および過電流の低下による電気抵抗のギャップはありません。または、2つの溶接部のサイズや材質の違い、または安定した接触面により、正と負の電気コアが不均一に分布し、その結果、加熱領域が不均一になり、溶接部が過熱され、圧力が変形します。UHF溶接機は、上記の現象がなく、安定しており、再現性があり、自動化されています。さらに、高周波溶接機の最大の特徴は、遅い伝導に頼ることなく、輻射熱の問題もなく、予熱することなく、オブジェクトを1秒未満で迅速かつ局所的に間接的に加熱できるため、多くの電力を節約できます。温度制御、定温使用も可能です。これは、エレクトロニクス業界と溶接業界における主要なイノベーションです。http://edn.gmg.tw/article/view.jsp?aid=421919&cid=8から転記