高周波使用上の注意

2011/04/27

大憲光学研究開発チーム

高周波使用上の注意

高周波は金属を加熱するだけです。

使用頻度は対象物の加熱深度で決まり、周波数が高いほど熱透過率は低くなります。

電力の使用は加熱速度と温度に影響を与えます。

誘導ヘッドコイルの長さは被加熱物の面積に関係します。

間欠的な加熱は、連続的な加熱に使用される冷却器のトン数とは異なります。

高周波加熱は急速であり、使用されるレーザー位置決め温度検出器は敏感で、最低温度は80℃、最高温度は2000℃です。

高周波誘導電源コードは高電圧耐性の電線で作られていなければならず、感電を防ぐために機器のアース線が正しく取り付けられている必要があります。