経済日報は報告した大憲レーザーポジショニングの評判が良い超高感度赤外線温度制御システム

2014/8/15

経済日報

陳華君
大憲光学会社は長年にわたって高周波加熱機の強固な基盤を開発し、両岸市場で好評を博しています。昨年、彼らは新しいレーザーポジショニング超高感度赤外線温度制御システムを発売しました。高温加熱用の高感度材料の問題を効果的に解決できるため、彼らは勝ちました口コミ、そして新年は良い結果を生み出し続けるでしょう。同社によると、現在、高周波加熱機が最も効率的で高速な金属加熱源であり、メンテナンスが容易であるだけでなく、環境もクリーンで、自動化も可能です。しかし、温度を知らないことや、温度を制御することさえも、いくつかの欠点があります。熱電対温度計を使用すると、実際の温度を反映するのに十分ではない高周波によって誘導されることが懸念されます。一般的な赤外線温度調節器を使用すると、高周波機の検出速度と加熱周波数に大きなズレがあり、検出範囲が非常に広くなり、高周波機には不向きです。従来の方法は主に出力を一致させるために時間を使用するため、溶接および熱処理操作は処理中に視覚的な経験で実行する必要があります。この方法では、時空の変化により極端なエラーや不安定性が発生する傾向があります。





大憲自社開発のレーザー位置決め式超高感度赤外線温度制御システムは、測定可能な温度や高周波機に加え、断熱状態も維持できます。さらに、温度計はレンズを置き換えることができ、検出温度範囲は60〜400mmで、テストフォーカスは0.4mm〜4.0mmです。

大憲同社の電話(02)2695-8619、ウェブサイト:www.phonor.net。
http://money.udn.com/storypage.php?sub_id=5639&art_id=216639から転記