経済日報 - 大憲超高感度赤外線温度制御システムレーザー位置決め評判良い

2014/8/15

毎日の経済

チェン・フアセン
大憲 Optical Enterprise Co.は長年高周波加熱機を開発してしっかりとした基礎を築き、昨年は横流市場から称賛され、新しいレーザー位置決め超高感度赤外線温度制御システムを発売しました。良い評判を勝ち取り、新しい年は良い結果を生み出し続けるでしょう。

同社によれば、高周波加熱機は現在最も効率的で速い金属加熱源であり、保守が簡単で、清潔な環境であるだけでなく、自動化で使用することもできます。 しかし、温度を知らず、さらには温度を制御できないという欠点がいくつかあります。 熱電対温度計を使用すると、高周波誘導が懸念されますが、これは実際の温度を反映するには不十分です。

一般的な赤外線温度調節器を使用すると、高周波機械の感知速度と加熱速度が大きく異なり、感知範囲が非常に広いため、高周波機械には適さない。 伝統的な方法のほとんどは出力電力を合わせるために時間を使用するので、溶接および熱処理操作は視覚的経験によって実行される必要があり、この方法は時間および空間の変化によって引き起こされる大きな誤差および不安定性を生じ易い。

大憲社によって開発されたレーザー位置決め超高感度赤外線温度制御システムは、測定可能な温度および高周波機械に加えて、熱保存状態で動作を維持することができる。 別の体温計でレンズを交換することができ、検出温度は60〜400mm、テストフォーカスは0.4〜4.0mmです。

Daxian会社の電話番号(02)2695-8619、ウェブサイト:www.phonor.net。
http://money.udn.com/storypage.php?sub_id=5639&art_id=216639から転記